お墓の引越で起きがちなトラブル

PR| 立ち合い可能な手作業粉骨 |

和歌山での散骨を希望していた父が7年前に亡くなった際に、家族葬で受け入れてくれる業者が少なく苦労しました。親族からも苦情を受けてトラブルになり大変でした。またお墓の引越は最近話題になっていますが、よく知らずに行うとトラブルを引き起こしてしまうことがあります。以下で、起きがちなトラブルについて見て行きましょう。一つ目は、「永代使用料を巡るトラブル」。永代使用料は、お墓を買う時に寺院などに支払う物です。これにより、そのお墓をずっと利用するための権利(永代使用権)を得ることができるのですが、お墓の引越をして永代使用権を返すことで、一部でもお金が戻って来ると考えがちです。

しかし、基本的に永代使用料は返金されないので、墓地の使用規則などを確認しておきましょう。

二つ目は、「墓石の引越を巡るトラブル」。お墓の引越には、遺骨だけを移す場合や墓石も移す場合などがあります。しかし、墓石を移す場合、実は移転先で受け入れてもらえるとは限りません。むしろ、受け入れ不可という所のほうが多いので、どうしても墓石を移したい場合は、事前に移転先に確認して、交渉などをしておく必要があります。

三つ目は、「離壇料を巡るトラブル」。離壇料とは、檀家をやめる際に払うお金のことです。しかし、これは絶対に支払わなければならない物でもなく、住職によって意見が分かれていたりします。とはいえ、檀家をやめるということは、住職としては喜ばしいことではないですし、手続きの際に書類を発行してもらう必要などもあるので、迂闊な対応はできません。

今まで世話をしてもらったことについて感謝したうえで、お墓の引越をお願いするという形が望ましいでしょう。四つ目は、「親族内でのトラブル」。お墓の引越というのは、一緒に暮らしている家族だけでなく、親族全体に影響を与えることです。自分は遺骨だけでよいと思っていても、他の親族は墓石も移したいと思っているかもしれません。そういった意見の違いをまとめるのは、かなりの時間と労力を要します。

ですから、お墓の引越を円滑に行うには、前もって親族全体で話し合いを行い、妥協点を見付けるなどしておくべきでしょう。

PR|AGAお悩み相談.com|ダイエットチャレンジ100日|マーケティング経営研究.net|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|女性のための薄毛治療研究会|AGAでお悩み解決|