お墓の新しい形の樹木葬

従来のお墓では跡取りの問題や管理費のような経費がずっと掛かり続けるなど問題がありました。将来的に跡取りがいなくなりお墓をとりつぶすことになるのだとしたら、最初からないほうがいいと考える人も少なくはありません。でも合祀をすることには遺族の感情的にも難しい場合があります。そういう中でニーズが高まってきたのが神戸での散骨による葬送や樹木葬なのです。
樹木葬は墓石のような形を持たず、特定の樹木の下のスペースを購入して納骨をします。決まった区画が割り当てられていますので、他の方の骨と混ざることもありません。また最初にお金を全て支払ってしまえば、その後に管理費などが不要ですので遺族に対して金銭的な負担をかける心配がありません。法要もその霊園で年に1回ほど合同で行われることが多いため、家族だけで集まってお金をかけずに執り行うことが可能です。
樹木葬では自然にかえすような納骨以外に、墓石代わりのプレートを設置してお墓参りもできるようなタイプがあります。