自然回帰の想いから樹木葬が増えています

近年では、核家族化と少子化の影響で、故郷のお墓を維持する事が困難な状況が増えています。そうした事を反映して、永代供養してもらえる埋葬施設の人気が高まっています。
その一つに樹木葬と言われる埋葬方法があります。樹木葬は、従来の墓標の代わりに個別に花の咲く樹木等を植えたり、大きな桜の木の下に、合祀スタイルで埋骨されると言ったものです。
永代供養してもらえ、また自然回帰のイメージがある埋葬法の為に、近年人気が高まっている埋葬方法で、生前予約される方が増えています。
樹木葬の施設は、郊外の里山の麓に造成されるケースと、従来から広大な敷地を持つ寺院の墓地内に、樹木葬専用エリアが設けられるケース等があります。
また先にも少し触れた様に、個別に好きな花を植えてその下で眠る方式と、大きな樹木の下で合祀されるケースがあり、施設が増えるに従って、色々な種類の埋葬方法が採られています。
子供や孫に経済的・精神的な負担を掛けないためにと、当面がお墓を維持する家族が居ても、こうした樹木葬を選択する人も多くなっています。