海洋葬とはどのようなものなのか

Posted on
死後、日本では火葬をするというのがルールとなっています。火葬後には骨だけが残ります。この遺骨をどうするかという選択肢が広がっています。以前は遺骨はお墓に埋葬をするものだとされていましたが、近年では遺骨を自然に還そう考える人も増えています。故人も遺言書などに遺骨のあり方として、自然に還りたいと希望されるかたが多いのです。
そのなかでも多いのが海洋葬です。海洋葬は故人の遺骨を海に散骨するというものです。遺骨を粉砕して撒くというのが法律です。粉砕せずに海に還してしまうと、骨が発見されたと騒ぎになる可能性もあるからです。海洋葬というのはロマンなどもありますが、ルールも厳しいものであるため、個人で船を出して海洋葬を行うのは危険です。必ず専用の業者に委託をすることが必要となります。
故人が望まれていたり、故人が自然を愛する人だったというような場合などに海洋葬は選ばれます。また、海洋葬の場合にはお墓などを持たないため、経済的な面からも海洋葬を選択されるかたも多いのです。